最新情報・レポート

水もれの調べ方

水がもれていないかを調べる方法の一つとして、家の中で水を使っていない、出していない状態にします。その状態で水道メータを確認して回っていたら、どこかで水がもれている可能性があります。水もれを放っておくと大変なことになります。
最初は少しの水もれでも徐々に増えていき、気が付いたときには水道料金の請求書がきてビックリ!なんてことになります。さらに、床への水もれを見逃してしまうと大変な事になります。水がもれているのに、ごく少量だからと雑巾で拭くだけで済ましてしまう。すると、繰り返される水もれは乾ききる前に再び濡れることになります。そして、その濡れた部分からカビが生えたり、床が柔らかくなりデコボコしていき、やがて波をうったりしてきてしまします。
床下での水もれは更に深刻です。床下で水がもれるとやがて家の材木が腐食してしまいまい耐震性が弱くなりますし、さらに湿気が大好きなシロアリが発生する原因にもなります。水がもれている部品の修復以外のもシロアリの駆除にまで費用がかかってきてしまいます。こうならない為にも自分で対処できる場合は一刻も早く修復する必要があります。自分で修復作業が難しい場合は、水回りの業者にお願いすることをおススメします。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム