最新情報・レポート

混合水栓の交換

水道の蛇口付近から水が漏れている場合、パッキンなどの小さな部品を交換する場合が多いと思います。しかし、水道の蛇口本体の耐久年数は10年程度と言われていますので、部品交換で修復してもいいのですが、蛇口本体を交換することを考えてもいいかもしれません。使用してから10年ぐらい経っていまいますから、蛇口のレバーや形の主流が変わっていきていると思います。
蛇口の交換方法を調べてみると単水栓の交換と混合水栓の交換がある事が分かります。単水栓は水だけがでる、公園などでよくみかける蛇口です。混合水栓は家庭でよく使われているお湯と水がでる蛇口です。お湯がでるハンドルと水がでるハンドルが分かれている2ハンドル混合水栓と、お湯と水の切り替えを一つのレバーで行うシングルレバー混合水栓があります。この混合水栓の交換は自分でも行うことができますが、混合水栓の交換のような蛇口の交換には専用の道具をしようします。ですから混合水栓の交換をしてくれる修理業者へお願いすることをおススメします。
また、水回りの修理や交換はしっかり手順どおりに行わないと水漏れの原因になりますので、知識をもった修理業者へ相談、依頼したほうがいいでしょう。水漏れをした時以外でも生活している人のニーズに合わせて蛇口の形を選んで混合水栓を交換してもいいと思います。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム