最新情報・レポート

蛇口のパッキンを交換する方法

台所やお風呂場などの蛇口から水が漏れる場合は部品交換などの修理が必要です。蛇口の修理は水が漏れだしている箇所によって修理方法が違います。蛇口のハンドル部分やパイプの付け根、蛇口の先から水が漏れる場合は、蛇口のパッキンやコマを交換しますが、蛇口本体にヒビが入って漏れている場合は蛇口本体を交換しなくてはいけません。
蛇口の水漏れは蛇口のパッキンやコマといったものを交換すれば直る場合が多いです。蛇口のパッキンやコマはホームセンターなどで購入することができます。ただ、種類がいくつかありますから交換しなくてはいけない部品はどれか調べて、選ばなくてはいけません。また、蛇口のパッキン交換は他の小さな部品を取り出し、再び元に戻さなくてはいけません。ですから、手順を間違えると再び違う箇所で水漏れを引き起こす原因となります。意外と素人では難しいところがありますから、不安がある方は無理せず水回りの修理業者へ相談、依頼することをおすすめします。
また、蛇口に使われている部品の摩耗・劣化を考えると蛇口本体は10年ぐらいが寿命ですから、蛇口のパッキン交換で済みそうな場合でも、本体を交換した方がいい場合もあります。このような時は大掛かりな交換になりますから、素人には大変な作業となりますので、修理業者に相談した方がいいと思います。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム