最新情報・レポート

蛇口の構造

最近では色々なタイプの蛇口があり、蛇口の構造も違ってきています。ですから、それぞれのタイプによって水漏れ箇所が違ってきます。
まず、単水栓と混合栓とあり、単水栓とは、お湯か水のどちらかしか出ないものを言い、混合栓ではお湯と水が両方出て、自分で温度調節する事が可能です。また、蛇口の構造の大きな違いと言えるのが壁付けタイプと台付けタイプでしょう。蛇口の構造が違っていても、単水栓と混合栓では水の流れるしくみは同じと言えます。蛇口の構造として、蛇口の本体の中は、基本的に二つの部屋からなっており、その間に弁座と言う穴があります。ハンドルを閉めている際はパッキンが弁座を押し付けて穴をふさいでいる状態なので水が出ません。しかし、劣化などが原因でパッキンが破損してしまうとそこから水漏れが起こります。そして、多くの蛇口のトラブルで気を付けるべき事として、蛇口の栓を強く締めすぎるために起こる破損です。
他にも、ワンレバーでの蛇口タイプもあります。このタイプの蛇口の構造は、レバーを左右上下に動かすことで内部のカートリッジが振動し、水量や温度を調節できます。台所や洗面所、外での手洗い場など、様々な場所にあった蛇口を取り付けることをおすすめします。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム