最新情報・レポート

水道のパッキンを交換する

水道の水漏れで一番多いのがパッキンと言う部品の劣化などで起こる水漏れです。
蛇口がハンドルタイプなどで、強く締めすぎるとパッキンはすぐにダメになってしまいます。水道のパッキンを交換するくらいの作業なら業者さんに依頼しなくても自分で行う事が出来ます。また、水漏れが起こっていなくても、壊れて水が漏れる前に定期的に水道のパッキンを交換した方が良いでしょう。目安としては、ハンドル式の蛇口の場合指で軽く閉めれば水は止まりますが、パッキンが壊れてきていると力を入れて閉めなければいけなくなっています。自分で水道のパッキンを交換する場合、ホームセンターやネットなどでもパッキンを購入することが出来ますが、蛇口のメーカーやサイズ、型式をしっかり把握して購入してください。そして、水道のパッキンを交換する前に、水を元から止めなければなりません。
元栓は、水道のメーター近くにあるバルブが水栓となっています。また、自分で閉める事が出来ないタイプの場合は無理に閉めようとせず、水道局などへ連絡し行ってください。水道のパッキンの交換の方法はネットなどにも数多くありますが、一番大事なのは手順をしっかりと確認し、どの順番で部品を取り外し、また、取り付けていくかを覚える事です。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム