最新情報・レポート

水つまりに困ったときには

トイレやお風呂などが急に水つまりを起こして、困った事はありませんか。髪の毛や、綿棒、ティッシュペーパー、その他、思いがけないものが排水管に詰まるなどして、水つまりが発生します。フィギュアの人形や、歯ブラシがひっかかって、そこに髪の毛や糸くずごみが絡みあい、排水管に完全にふたをしてしまっている状態のこともあります。水つまりが起きただけで、流れないだけならまだよいのですが、一度流したつもりの排水、汚水が、逆流してくるとたいへんです。
とくに、トイレの汚水が溢れだしてくると、たいへんなことになります。排水管が水つまりを起こしていることに気づかずに、レバーをひいてしまったときなど、排水管が詰まっているところに大量の水を流すわけですので、相当量の汚水が、トイレの床に、またトイレの個室からも溢れて、居室を汚水浸しにしてしまうことになります。すこしでも水が流れにくい、もしかしたら水つまりかな?と思ったら、業者に検査を依頼した方がよいでしょう。排水管がもともと細い場合は、とくに詰まりやすくなっています。またどんなに気をつけていても、髪の毛はつまってしまうものです。市販の薬剤では対処できない状態のものも、実はとても多いものです。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム