最新情報・レポート

水回り修理の道具とは

水回り修理には、専用の道具が必要です。ドライバーなどの日曜大工の工具だけでは対応できません。一例としては、水道管の接続部分のすき間に巻いて、水が漏れないようにする専用のシールテープ(応急処置をしたいときに便利です)や、手元が狭い場所での作業に適したウォーターポンププライヤー・ショートトラップレンチ、錆ついて回らなくなったナットを割って外すためのナットブレーカーなど、水回り修理専用の道具には、なるほどと思わせるいろいろな道具があります。これらの水回り修理専用の道具は、ホームセンター等で手に入れることができます。
なお、水回り修理をするときには、必ず止水栓を閉めてから行います。そして、気をつけなければならないのは、水回りの修理を自分で行ったことにより、かえって水漏れを起こしてしまうケースがあることです。マンションやアパートなどの場合には、階下の別世帯にまで影響が及び、大きな問題になることがあります。留守中に水漏れが起こり、気づくのが遅れた場合は、たいへんな損害賠償を請求されてしまうことがあります。専用の道具をそろえると結構高額になることもありますので、水回り修理は業者に迷わず依頼した方がよいかもしれません。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム