最新情報・レポート

トイレの水トラブル

現在の一般的な家庭のトイレでは、水で排泄物を下水道まで流すのが一般的です。この際に流す水の量はトイレ業界では規格として決められていて、およそ10リットル前後の大量の水が一度に流れることになります。
このため、この際の水圧でトイレの各箇所は常に水漏れの危険にさらされています。トイレで水が漏れたり、トイレの水があふれたりするトラブルは、直接の原因が明らかな場合から、長年のトイレ使用によってある日突然発生する場合など様々なケースがあります。このようなトイレでの水のトラブルは、日頃のトイレの水まわりの設備をメンテナンスしておく事で、ある程度予防することができますので、トイレの水関係については普段から地元の水道業者さんに定期的なメンテナンスをお願いするのが、トータルでのランニングコストを抑えるよい方法だと思います。地元の水道業者さんであれば、「その地区の上水道や下水道の状況も認識している」ので、トイレで発生した水トラブルについても原因特定や適切な対策を迅速に行って貰えます。
地元の水道業者さんをあらかじめ調べておき、バスやキッチンの水まわりトラブルの際にトイレもチェックをしてもらい、トラブル時の対応や定期的メンテナンスも願いしておいてはどうでしょうか。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム