最新情報・レポート

トイレの水漏れが起こる原因

トイレは家庭内の水まわり設備の中で一番構造が複雑のため、トイレでの水漏れは発生頻度の高いトラブルです。トイレでの水漏れの原因として多いのは、配管相互、及び配管とトイレ構成品の接続部分に生じる接続部分の緩みや、接続部分のパッキングが脆くなることで発生するもの、配管自体の経年疲労により穴が開いたりすること等があります。
トイレの水漏れの原因が判ったとしても、トイレの配管自体はとても複雑で、一般の人が新たに手を加える事で配管全体の力のバランスが崩れ、他の部分から水漏れを起こして収拾がつかなくなるケースもありますので、トイレの水漏れは水道の配管業者に任せる事が一番有効だと思います。特に地元の配管業者であれば、具体的な症状を連絡しただけでトイレの水漏れの原因を特定して、迅速に修理対応してくれるはずです。また、定期的に下水道側の清掃作業を行って貰うことで、トイレの水漏れの原因のひとつである「下水道側の詰まり」も予防できます。
地元の配管業者をあらかじめインターネットやタウンページで探しておき、最初にトイレの上水/下水側の配管をチェックして貰うことで、トイレでの水漏れ時も原因の特定が業者側で簡単に可能となり、修理が更に迅速に行って貰えると考えます。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム