最新情報・レポート

水まわりの修理方法

家庭内で水道を使用する場所といえば、バス、キッチン、トイレ、洗面所、洗濯機、そして庭など多岐に存在します。
このような水まわりに使用される道具、特に蛇口や配水管などが「慢性的な水圧による破損」により、漏水を起こすようなリスクを負っています。そのため、家庭で水まわりのトラブルが発生した場合のことを想定して、あらかじめ水まわりの修理を行う水道屋を事前に探しておくのが良いと思います。トラブルが発生した住まいの水まわりは、修理を行う際に「住まいの止水栓の止めて行う」という準備が必要ですし、上水道と下水道の場合でも対応方法も変わってきます。水まわりを修理するためには専用の「プライヤー」「レンチ」という工具が必要になる上に、トラブルの種類や配管の方法、蛇口の形状などによって交換する水まわりの修理部品も全く違ってきます。
これらの点を個人では的確に判断することが不可能と思いますし、調査する間はずっと水道が使用できなくなります。また完全な修理を行わないと漏水が続き、水道料金への影響のみならず、漏れた水による漏電事故などの原因にもなります。このことから水まわりの修理は、実際に修理等の発生以前から、信頼できる地元の水道屋を探しておく準備が大切と思います。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム