最新情報・レポート

水漏れの補修方法

水漏れを補修するには時と場合がありますが、自分で出来る程度の漏れと、業者に頼まないといけないくらいの物があります。これかから、自分で出来る水漏れの補修方法を紹介します。水漏れを補修するのにたくさんのアイテムが世に売られています。
例えば、漏水のまま巻きつけるだけで簡単に補修が出来るテープがあります。他にも、濡らして巻くだけの簡単作業で、水漏れの補修と補強が一度に完了する物もあり、これは、大幅に作業時間を短縮します。他にも耐熱補修剤という物もありこれは、水漏れの補修はもちろん200℃までなら蒸気配管の漏れなども補修してくれます。他に、シール感覚で切って貼るだけで水漏れの補強をしてくれる物もあります。
これは日光照射15分で、FRPの強度と耐久性があります。他の補強シールの種類には、接着後15~20分で金属のように硬化し、施工後1時間でタップ切や研磨、塗装などの加工も出来るようになる物もあります。配管などの耐圧性が要求される補修には、特殊なジェルもあります。配管やパイプの応急修理に最適な物です。これは、リプロピレン、金属など、発砲スチロールを除くほとんどの材質に使用できます。自分で補修するのに一番使いやすい物を使用するのが一番です。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム