最新情報・レポート

トイレ詰りについて

和式トイレと洋式トイレ、どちらが詰りやすいかというと、あまり変わりません。トイレ詰りはトイレの形というよりも排水量や排水路の形によって左右されます。トイレ詰りを起こしやすい場所は便器の一部である排水路です。大量のトイレットペーパーを流した時はここがよく詰ります。
トイレは水の勢いを利用して汚物を流していきますから、水の量が少なかったりして水量が足りない場合に便器の一部である排水路でトイレ詰りを引き起こします。この部分での詰りは比較的簡単に解消できる場合が多いです。ラバーカップやトイレ詰り用のパイプクリーナを使うことによって解消できる場合があります。数回やっただけでは解消されない事が多いで、数十回と行うといいと思います。最近は節水型の便器が増えてきていますが、節水型のトイレに変更したらトレイ詰りを起こしやすくなったという話もありますら、トイレを便器ごと交換・購入する際にはメーカーや購入店でよく説明を聞いてから決めた方がいいと思います。
そして、トイレが詰まった場合、自分でやろうと無理してしまうと異物がより奥へと流れていき、詰り抜きをするのが大変になる場合がありますから、そういう場合は修理業者へ依頼した方がいいと思います。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム