最新情報・レポート

トイレの水が止まらない状態

水洗トイレの水が止まらない状態が続いて便器から溢れてしまうような場合はタンク内に何らかの原因があると考えられます。落ち着いてトイレ内か水道メーターの止水栓を締めて水を止め、タンク内の水を流す仕組みを順番に確認していきます。多くはポールタップとよばれる水洗レバーを上下すると開く給水弁やゴムフロートという排水弁が劣化して壊れていたり、浮き玉というタンク内の水位に応じて移動するものが何かに引っかかっていたりして動かないことがトイレの水が止まらない原因となっていると考えられます。
一般的なトイレのタンク内のこのような各部品はホームセンターなどで購入することができますので自分で交換することは可能ですが、トイレの水が止まらないというようなトラブルが発生すると焦ってしまってどうしてよいかわからず業者に依頼するケースも多いようです。業者に依頼すればちょっとした不具合が原因だったとしてもある程度の高額な料金になりますので、トイレの水が止まらない原因がちょっとした不具合など簡易なものかどうかはわかるように、水洗トイレのタンク内の水が流れる仕組みをわかっておくとトイレの水が止まらないことがあっても落ち着いて対処することができます。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム