最新情報・レポート

トイレ水もれの解消方法

トイレ水もれの中でも、トイレタンク上部の手洗い部分から、ちょろちょろと水が流れ続けるパターンは大変気になるものです。目に見えて水がもれている訳ですから、トイレ水もれと言うより、もはや蛇口の閉め忘れに近い感覚がします。
家計を担う主婦にとってはイライラが募るところではないでしょうか?一刻も早く解決したいですね。そんな時はまず、止水栓を締めて水を止めましょう。それからタンクの蓋を開けます。多少重量がありますが、女性でも持ち上げられる重さです。但し、割れ物ですのでくれぐれも手を滑らせて落としたりすることの無い様慎重に取り外して下さい。手洗い部分と繋がっているホースは一旦抜いて下さい。そうして中をのぞいてみると、鎖の先端(下)にゴム製の栓がついているのが分かります。この栓が穴を塞いでいるか確認して下さい。鎖が挟まっていたり、栓がずれて穴が塞がっていなかったりしたら、それがトイレ水もれの原因です。栓を正しい位置に戻して穴を塞いで下さい。
穴が塞がっているのにトイレ水もれがしている場合は、ゴム製の栓が劣化してひび割れていたり、亀裂が入っていたりする事による水もれかもしれません。栓を新しい物と取替える事でトイレ水もれは解消されるはずです。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム