最新情報・レポート

蛇口のパッキン交換

水道の蛇口や水道のハンドルの下などからの水漏れの原因のほとんどはパッキンという蛇口の各部分についている水の流れを密閉するための部品が消耗しているために起こるもので、これは蛇口のパッキン交換をすることで解消します。
各部品の金具類がゆるんでいることが水漏れの原因となっていることもありますので、まずは水道メーターボックスの中や各蛇口付近にある止水栓を締めて水道を止めて各部品の金具類にゆるみがないか確認したうえで蛇口のパッキン交換をします。一般的な蛇口であれば蛇口のパッキン交換は非常に簡単なもので、スパナやドライバーなどの工具で蛇口の頭部を取り外してパッキンを取り替えて、取り外した器具を元に戻せば水漏れは解消します。パッキンが付いている位置や蛇口の頭部などを取り外す方法など蛇口のパッキン交換の方法は蛇口のタイプにより少しずつ異なりますが、基本的なものについてはメーカーなどがホームページなどでも説明しており、短時間で簡単に自分で交換することができます。
パッキン自体も何百円で購入することができるものですが、蛇口のパッキンの交換を水道工事や住宅設備の業者など水まわりのトラブルを扱う業者に依頼すれば10,000円前後かかることもあります。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム