最新情報・レポート

水回りの掃除方法

毎日使用しているシンクや水栓は、まめに水回りの掃除をしないと汚れが落ちにくくなります。汚れの正体はぬめりと水赤と言った水性の汚れが主なものになります。水回りの掃除の大切なポイントは、使用後水気を残さないということです。
水気を残さないために綺麗にふき取りましょう。まず、網たわしで水回りの掃除をした後、水で汚れや洗剤を丹念に流します。そのあと、給水ダスターで水気をきちんと拭き取ります。水回りの掃除の仕上げは、ふきんであちこち磨き上げるように拭き、水気をきちんととります。とりわけ、水栓はクロムメッキがされていますので、濡れたまま長い時間放置しておくと輝きがなくなり、汚くなってしまいます。
そして、たまには排水口やシャワー水栓といった水回りの掃除も行いましょう。忘れがちではありますが、排水口はゴミやぬめりが溜まっていきます。蓋を外して、網につまったゴミを歯ブラシなどでみがき、ゴミを取り除きましょう。ぬるま湯で浮かしながらやると取れやすくなります。酢につけると水アカは緩みますので、緩んだところを歯ブラシなどで綺麗に洗いましょう。毎日のことで手間はかかりますのが、水気を拭き取る作業をすることで、毎日気持ちよく水回りを使用することが出来ます。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム