最新情報・レポート

水道の蛇口を交換しよう!

水回りの水漏れを放置しておくと水を無駄にしてしまうだけでなく、水もタダではないのですから水道料金も無駄に支払うことになります。
水漏れを発見した場合はできるだけ早く水漏れの対応をしていきましょう。よくある例として、水道の蛇口ハンドルレバーから少しずつ水が漏れている、蛇口を閉めても水が出てしまって困ってしまう症状です。こういったケースでは、水道の蛇口を交換を行えばいいでしょう。水道の蛇口を交換するといっても、すべてを交換するのではなくパッキンやコマを交換すれば直る場合がありますから、症状に合わせてホームセンター等で購入し直す事が可能です。
しかし、水道の蛇口はおおよそ10年ぐらいで寿命がくると言われています。ですから、長い年数使用している物の水道というのは蛇口まるごと交換をした方が良いとされています。また、水道の蛇口を交換しようとホームセンターへ見に行くといろいろな種類のハンドルレバーがある事に気づくと思います。使う人に合わせて新しい水道の蛇口ごと交換しても良いとされています。
水回りの修理は自分で交換も可能ですが、水を止めたりする手順を間違うと水があふれてきて失敗することもありますから、少しでも不安がある方は水回りの修理業者へ依頼するといいでしょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム