最新情報・レポート

お風呂のつまりの原因

お風呂のつまりの要因の一つとされているのが、洗い流した髪の毛や石鹸のカス、体に付着した汚れや垢により排水口へ流れていき、排水口へ流れた物は排水管に汚れを付着させる要因となります。
そして、その汚れがどんどん付着し増殖していき、やがて排水管を塞いでしまいお風呂のつまりが起きてしまうのです。お風呂のつまりを引き起こさない為にも、排水口へ流れたゴミはマメに捨て、排水管を時々洗浄するといいと思います。
排水口へ流れたゴミは簡単に捨てる事も出来ますが、では排水管の洗浄はどうするのか。お風呂のつまりの原因でもある排水管の洗浄は重要です。一般的に簡単にできる作業があります。お風呂の残り湯というのは、翌日に洗濯水として使うケースが多いかと思いますが、週に1回はお風呂の直後に全部流して排水管を洗浄するのに使用します。暖かいお湯は石鹸カスや体の垢を洗い流す効果があるのです。
翌日まで残していたお湯というのは、入浴時よりも水温が低くなってしまう為、石鹸カスや体の垢を落とすのに効果的とは言えません。ですから、暖かいお湯で流す事が大切なのです。ホームセンターや薬局で販売している排水管の洗浄剤を使う方法もあります。しかし、お風呂のつまり抜きや排水管の洗浄をするなら、確実に安全に行うためにも熟練スタッフ在籍業者へ依頼するほうがいいと思います。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム