最新情報・レポート

台所のつまりが起こっている予兆

台所の水流れが良くなくなってきたら、それは台所のつまりが起きている場合があるので気を付けて観察をしていきましょう。
流れが良くなくなってきたという事は、なにか物が穴を塞いでいたり、排水管の内部に汚れが付着し水が流れる部分が縮小しているなどの事が考えられます。汚れが付着する原因としては水垢や食品カスや油が排水口から排水管へ流れくのでどうしてもそうなってしまうのです。ですから、台所のつまりを起こさない為にも日ごろから定期的に排水管を洗浄することが重要となります。
ドラッグストアやホームセンターなどで購入出来る洗浄剤を使うのも一つの手段です。しかし、使用方法を熟知した後に作業する必要があります。また小さいお子様がいる場合は取扱いにも注意が要ります。
では、もし台所のつまりを起こしてしまったらどうするか。昔から言われているのが「台所のつまりを解決するには熱湯を流す」。これは絶対やってはいけません。流し台のシンクが傷むどころか、排水管や排水口、そこに使用されている部品も傷めてしまう場合があります。
そして、傷めた部品から水漏れなどを引き起こす原因となりますので絶対にやめましょう。やはり台所のつまり抜きなど、水回りの修理は業者に依頼すると確実かと思います。費用はかかりますが、安全かつ確実に行ってくれます。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム