最新情報・レポート

水道のパッキン交換

水道の蛇口やその周辺から少しずつ水漏をしている場合、あなたはどうしますか。
水漏れ当初は少し気になるぐらいだったけど、日が経つにつれて量が増えていき、気が付いたら水道料金がとても高くなっていた!なんて事にならない為にも、ぜひ、部品交換を行って処置をおススメ致します。水道の蛇口周辺の水漏れの場合は、水道のパッキン交換だけで大丈夫なケースがあります。水を出したり止めたりするハンドルレバーの下辺りから水漏をしている場合や、水が出るパイプの根元から水漏れしている場合は、その場所にフィットする水道のパッキンを交換します。
しかし、蛇口と壁のつなぎ目から水が漏れている場合は、水道のパッキン交換ではなくシールテープを使用して補修します。注意が必要とされているのが、水道のパッキン交換など作業をする前に止水栓を閉めて、水の流れを止めてから行うこと。止水栓はハンドルを回すタイプやマイナスドライバーで閉めるタイプがあります。
しかし、止水栓がない物もありますから、そういった場合は水道メータ横にある止水栓から止めなくてはいけません。水道のパッキン交換など自分で水回りの修理を行うのは意外と難しいです。少しでも手順や部品選びに不安がある方は無理せず水回りの修理業者へ相談・依頼をおススメ致します。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム