最新情報・レポート

トイレの水漏れを修理するときは

トイレで水漏れを修理する場合、水漏れしてしまった箇所によっては自分でトイレの水漏れを修理行う事が可能なのです。
トイレの水漏れランキングでトップなのが、トイレのタンクによる水漏れです。トイレのタンクの水漏れは外側で起きているのか、内側で起きているのかによって分かれます。外側で起きている場合は床や壁が濡れますからすぐ漏れている箇所が確認できます。タンクの外側で起きている場合はタンクとパイプを繋ぐネジの緩みとパッキンが劣化していないかを確認して、修理や交換するとトイレの水漏れを修理することができます。
タンクの内側で起きている場合としては、水が便器へ少しずつ流れている場合なんかは、黒くて丸い玉の形をした浮き玉が劣化している事が事がありますから、ホームセンターなどで売っている物を購入して交換を行うと解消されるケースがあります。また、トイレタンクのレバーを回しても水が流れない、といった場合は先ほども記述した黒くて丸い玉の形をした浮き玉を上に引っ張る為のヒモが外れている場合もありますから、それを本来の位置へ掛け直すだけで直るケースがあります。
こういった簡単な作業でしたら、自分でもトイレの水漏れを修理する事はできますが、便器の隙間から水が漏れるといった場合はトイレの水漏れを修理する業者へ相談した方がいいでしょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム