最新情報・レポート

トイレつまり修理のポイント

つい先日、我が家でも起こった問題で、トイレ詰まりは突然起こるのです。
原因は様々ですが、一番多いのがトイレ用紙をたくさん流し過ぎた事が要因だそうで、次に小さなお子さんがいる家庭などではオモチャなどを流し詰まってしまうそうです。トイレ用紙が原因の場合は、トイレつまり修理はさほど難しい事はありません。実際に我が家でも、トイレ用紙の流し過ぎが原因でした。
その際のトイレつまり修理は簡単で、出来るのであれば手にゴム手袋をはめて、便器に直接手を入れ詰まったトイレ用紙を引き出すと言う方法や、ラバーカップで圧をかける方法とあります。ただ、この方法は、手前の方に物が詰まっているケースでのトイレつまり修理ですので、奥の方に詰まっている場合は素人では難しいと思います。
私の経験上、はじめに詰まってしまい水が逆流して時に溢れ流れるのではないかと怖くなりましたが、便器ギリギリで止まり、時間をおくと戻っていきますので、慌てずトイレつまり修理の方法を考えれば大丈夫です。あと注意してい頂きたいのが、トイレつまり修理を完全に行うまではトイレは絶対に流してはいけません。
最初はギリギリだった逆流が溢れかえる事があるそうです。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム