最新情報・レポート

トイレの水漏れが起こったら

詰まりや、水が止まらない事や、水漏れがトイレで起こってしまうケースや、トイレのトラブルは多々あります。
その中でも、水漏れがトイレで起きた場合の原因は、劣化による不具合がほとんどです。水漏れしてくる部位も様々で、タンクと便器のつなぎ目や、ウォッシュレットの隙間、便器と床の設置部分などがあります。水漏れがトイレで起きるのは、本来しっかりとくっついていなければならない部位が少しの隙間が空き、水漏れしてきます。
トイレタンクは常に、沢山の水を貯蔵しているので、何年も使っていると部品がずれてしまう事が多くあります。水漏れがトイレで起きた時にまず行はなければならないのが、水栓を止める事です。これは、トイレに限らず、どこで水漏れが起きても水栓を止めれば水は止まります。また、トイレと床の設置部分から水漏れが起きた場合は、便器と排水管のつなぎ目から漏れていることが多いです。
その場合、便器を一旦外してどの部分から水漏れをしているのか確認し修理を行わないといけません。水漏れがトイレで起きた場合、個人での修理は難しいため熟練スタッフ在籍の業者さんに依頼することをお勧めします。また、水道局や役場などに問い合わせるとスムーズに修理することが出来ると思います。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム