最新情報・レポート

水回りの掃除のコツ

水回り掃除は、毎回の手入れが必要です。
キッチンでは特にシンクなどは、毎回使用した最後に、水気を残さず布巾等でふき取る事が重要です。とくにステンレスの輝きを保つには、最後のひとふきが大切となります。ぴかぴか磨き上げたい時は、布巾などで拭きあげるようにします。
しかし表面を研磨する種類のスポンジ・クレンザー等は、ステンレスに対して傷付けてしまう事もあるので、とくに汚れが酷いところのみにして、水回り掃除は、台所で使用しているような中性洗剤と、柔かめのスポンジ(ストッキング等もOK)でマメにマメにお掃除をするのが一番いいとされています。
しかし、水回りの掃除に時間を割けず、水滴が残ってしまったケースは、水垢が取れなくなってしまう事があります。白く残る水垢は、水に含んでいるCaなので、中性・アルカリ性である洗剤では落とせません。水垢等残ってしまった場合の水回り掃除においては、酸性であるクエン酸、またはお酢を使用してみると、驚くほどキレイになります。
それでも落ちない頑固な水垢は、耐水性のペーパーやメラミンスポンジで磨いてみると効果が出ます。しかし、コーティングしてあるステンレスはそれを剥がしてしまうケースがあるので、水回りの掃除は、業者に頼むのが安全とも思います。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム