最新情報・レポート

お風呂のつまりの原因対処法

お風呂のつまりを経験した方はどれぐらいいるでしょうか。
お風呂の水を流すと排水口から水が逆流をおこしてしまい溢れ出てくるぐらいのお風呂のつまりです。そこでお風呂のつまりの対処方法についてリサーチしてみました。もしお風呂でつまりを感じたら、排水口を分解して、スポンジや歯ブラシ等を使ってこびり付いた汚れを落としていきます。排水のトラップ部分には水封の水がいつも溜まってすまうので、洗い流した身体の垢・髪・皮膚などがどろどろになって溜まり、カビが発生したり悪臭の要因にもなってしまいます。やはり定期的なにこういった解掃除というのは必須となります。
対処法としては排水口部分に苛性ソーダ系パイプクリーナーを流し、お湯を注いでおいておきます。お湯を使うことによって髪の毛や汚れなどをすばやく分解していくのです。決められた時間そのままにしたら、多めのお湯を流して薬品を完全に流すようにして下さい。これでスムーズな水の流れになります。排水口は石けんやシャンプーなどが付いてしまいやすい場所なのでクエン酸を溶かした水を排水口に流すと綺麗になるのでお勧めです。
もちろん日常的に行うお風呂のつまりの予防も重要です。髪や小さなゴミはなるべく流さないようにしておき、あらかじめ売っている排水口用のネット等を使ったり、排水口に水以外流すのを禁止し、家族全員が心がけて、小マメに掃除をするだけでも効果があります。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム