最新情報・レポート

自分でできる?トイレの水漏れ修理方法

住まいのトラブルの中でもめったに起こらないけど、トイレなどの水漏れの修理方法は自分でできる範囲とできない範囲があります。
まずは水道の元栓を止めることからはじめます。ただ、これをするとトイレが使えなくなります。よく原因の多い場所はトイレタンクの周りです。その周辺をくまなくチェックすることがトイレで水漏れと修理方法になります。次にウォシュレットをチェックしてみてください。自分でできる範囲はここまでです。もしそれでもトイレが水漏れする修理方法がわからない場合は業者に見てもらうしかありません。
また原因がわかってもタンクの中でゴムパッキンが弱っていたり、ウォシュレットに何かが詰まっているなどのことであれば業者にお願いすることが一番信頼できることになります。もし自分でトイレの水漏れの修理方法をやろうとして、後で壊れてしまったりする可能性もあります。
日頃のメンテナンスも必要ですが、熟練スタッフの目に頼らなくてはいけない部分がどうしても出てきます。年に2度ほど業者に見てもらうことも必要でしょう。トイレが水漏れをする修理方法は最終的には業者の手が必要になってきます。自分でできる範囲はどうしても限界があります。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム