最新情報・レポート

給湯器からの水漏れの原因

給湯器からの水漏れが起こってしまうのは給水配管か温水配給管接続部の緩みが原因となることが多く見られます。
使用年数の問題や配管の問題などがよく見られます。使用年数が10~13年経ってしまうと、部品が老朽化してしまうことがよくあります。しかし屋内設置型の給湯器の水漏れには注意が必要になります。なぜなら室内でのガスが溜まってしまい、ガスの逃げ場が全くないということになってしまいます。試用期間が10年以上たっているのならば、買い替えを考えることが必要です。給湯器が水漏れを起こしてしまうとさまざまな支障が出てきます。10年も時間が経っていると不具合が出てくるのはおかしくはありませんし、使わないほうがいいことが出てきます。
給湯器からの水漏れはその最終的なサインだと言えます。もし2年以内に故障などの不具合が出てきてしまったら、それは不良品の可能性も出てきますし、部品のどこかがおかしくなっていることもあります。状態をきちんと説明すると、修理費用が少し安く済む場合もあります。給湯器での水漏れなどは気をつけておくことが必要です。
メーカーに連絡をして、すぐに見てもらうことが大切になっていきますので、早めに電話などをしておきましょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム