最新情報・レポート

混合栓の水漏れの原因

混合栓とは、お湯と水両方のハンドル部分があり、両方を操作して温かいお湯の小説をする種類の水栓のことです。
混合栓の水漏れは、単水栓と同じ出来になっているので、それほど難しいことをしなくても直す事が可能ですが、水漏れを起こしている個所の中には、自分で修理するには不可能なケースもあるので、その際はきちんと業者に依頼をしましょう。混合栓には、シングルレバー、サーモスタッド、二ハンドルなどの種類があるのですが、例えば、シングルレバーなどの混合栓からの水漏れは、ハンドル下、スパウトの上、下、接続部などからおこります。中でも接続部からの混合栓の水漏れは、素人では難しいので、業者に依頼するのをお勧めする箇所です。
他は、パッキンの交換などで直る場合もあります。各箇所故障の原因を調べて適切な修理をしましょう。また、サーモスタッドの混合栓の水漏れには、エルボ、ホースの接続部、スパウトの付け根、ホース部、スパウト側水などで発生します。バルブやパッキンなどの不良を調べましょう。二ハンドルの混合栓の水漏れは、スパウトの付け根や、蛇口からおこります。おもに、パッキン修理で直ります。
構造もシンプルで寿命の長い蛇口です。どの修理も自分では難しい時は、きちんと業者に相談しましょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム