最新情報・レポート

蛇口の種類

蛇口の種類にはまず、キッチン用、浴室用、洗面用とあり、さらにそれぞれにつき色々なタイプがあります。
まずキッチンの蛇口の種類には、台付ワンホール、台付ツーホール、壁付があります。前者2つは蛇口部分が台に直接取り付けされているもので、それぞれ取り付けをするホールが一つと二つ付いています。
壁付とは、蛇口部分が壁に直接取り付けされているもので、壁の面に取り付けが出来るようにホールが二つあります。浴室の蛇口の種類には、台付と呼ばれる蛇口が台についており、シャワー付きと2ハンドルのものと、壁付という蛇口部分が壁に直接取り付けられていて、シャワーの付き、なしのものがあります。また、洗面用の蛇口の種類には、台付ワンホール、台付ツーホール、台付コンビネーションがあります。台付ワンホールには洗面器の開閉を調節方法によりポップアップ式とワンプッシュ式があります。台付ツーホールは、洗面器の穴の開閉方法により、ゴム栓付き、ポップアップ式、ワンプッシュ式があります。
台付コンビネーションとは、蛇口が台についていて吐水口、本体の部分が一緒になっておらず離れているものです。その他にも、単水栓、混合水栓、分岐水栓、シングルレバー、ツーハンドル、サーモスタッドなどの蛇口のタイプがあります。蛇口の交換は、自分で難しい場合は修理業者に依頼しましょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム