最新情報・レポート

トイレつまり直し方

トイレつまりの直し方はトイレ用のラバーカップを使う方法が簡単です。
トイレ用のラバーカップは便器の穴に入り込めるような大きさになっているのでトイレ用を使う必要があります。ラバーカップとはゴムでできた半円形のお椀のような形をした物に60センチくらいの柄がついた道具です。
ラバーカップを使ったトイレつまりの直し方はラバーカップを穴に合わせます。柄をもって何度か押したり、引いたりします。すると中に圧力がかかり詰まっている物が出てくることがほとんどのようです。トイレつまりの直し方の一番簡単な方法です。しかし、トイレのつまりの原因は色々です。ポケットに入っていた携帯、鍵、手帳など、躊躇はあるでしょうが、すぐに手を入れて取り出すのが一番です。鍵など小さいからと流してしまうと便器を壊してしまいます。配管を傷つけ配管の交換という、大変なことにもなりかねません。
ラバーカップでのトイレつまりの直し方は簡単ですが、正しく出来ないと落としたものを奥に押し込んでしまうこともあるので躊躇しないで取れそうであれば何かで取るのをおすすめします。原因が他の事ならこのラバーカップを使ってのトイレつまりの直し方は通用しないかもしれないので業者にお願いしてください。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム