最新情報・レポート

水栓修理の方法

家庭の水道トラブルの場合で最も多いのが水道の蛇口部分から水漏れを起こしているといったことです。
水栓修理はほとんどのケースでは、コマやパッキン部分の交換を行うことで解決してしまいます。しかし、コマやパッキン部分の交換を行う水栓修理を行っても、漏れ水が改善されないケースでは、水栓の本体を修理しなければいけません。ハンドル部分を閉めたときに、吐水口から水が漏れる場合、考えられる要因としてはケレップ部分です。つまり、水洗パッキンやケレップを取り換える水栓修理を行うようにしましょう。
水栓ハンドルの下のナットから水漏れしているケースでは、ハンドル内のパッキン部分が壊れている事が多々あるので、新しいものに取り換える水栓修理を施しましょう。パイプの付け根部分から水漏れしてしまっているケースでは、ナットがちゃんと締まっていなかったり、パッキン部分が壊れていたりしていることが主な原因です。ナットをしっかり閉め直したり、パッキン部分を新しいものに交換する水栓修理をしましょう。
水栓の取り付けてある部分から水漏れをしているケースは、水栓をねじ込んでいる部分を補修することが必須となります。水栓を取り外し、排管内を綺麗にした後、水栓の取り付けねじの部分に新しいシールテープをしっかり巻きつけた後、水栓を再度取り付けます。そうすることで問題は解消されるでしょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム