最新情報・レポート

水漏れの修理方法

わずかな水漏れでも、そのまま放置していれば、水道料金の無駄払いになってしまいますので、水漏れは早く修理したほうが良いでしょう。
水漏れを修理する方法は殆どがコマやパッキンや部品の取り換えといった簡単な処理で済むことが多いようです。しかし、それだけでは水漏れが止まらない場合もあります。そんな時は、水漏れを修理する方法を熟知した水回りの修理屋さんに頼むのが一番ですが、先ほど言ったようにコマやパッキンや簡単な部品の取り換えといったことで自分でも簡単に水漏れを修理する方法が見つかるかもしれません。
まずはチェックしてみましょう。例えば、トイレの水が流れたまま止まらない時にはタンクの中を覗いてみましょう。浮き玉が上がっているのに水がサイホンからで続けている場合はスピンドルパッキンが摩耗していたり、ボールタップや浮き玉が破損している可能性があります。もし見つけたら、新しいものに取り替えるという水漏れを修理する方法が自分でも行えます。
また、浮き玉を上げ、ボールタップを止水しても再びトイレに水が流れる場合はフローと弁の摩耗によるものやサイホンの破損が原因かもしれません。これも新しいものに取り替えるといった水漏れを修理する方法をとりましょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム