最新情報・レポート

水漏れのトラブルがマンションで起こったら

マンションなどの築年数が経過すると、電気やら給排水などの設備も老朽化が進み、あちらこちらに不具合が生じるものです。
こうした老朽化の問題で、水漏れによるトラブルは解決が難しいようです。と言いますのも、権利関係がいろいろと絡んできますので、マンションでの水漏れによるトラブルは時間がかかることが多いようです。もし、自分の部屋から水漏れのトラブルが発生した場合、トイレを詰まらせて水があふれ出したなど、責任が明らかに自分である場合は、止水して修理すればよいでしょう。
しかし、床下の給排水管が原因の水漏れのトラブルの場合、責任の所在はどこにあるのでしょうか。一般的に、床下を通る給排水管の場合、専有部分であると解釈されており、自分の部屋の床下を通る給排水管から水漏れのトラブルが発生した場合、床下の配管の管理者である所有者が責任者となります。
しかし、床下の配管が専有部分か共有部分かを裁判で争った事例も数多く、床下のコンクリートを貫通させて下の階の屋根裏に廃刊されている給排水管が水漏れを起こした場合、修理や点検の際に下の階の部屋に入って行わなければいけないので上の階の居宅だけで管理が出来ないということから、共有部分とされた判決事例もあります。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム