最新情報・レポート

水道の蛇口の部品がトラブルにつながります

一般家庭の水道のトラブルで最も多いとされるのは、水道の蛇口の部品が緩んだり外れたり、老朽化して発生する水漏れです。
大抵の場合はケレップやパッキンといった水道の蛇口の部品を新しいものに変える作業をすることで解決することが多いようです。しかし、ケレップやパッキンといった水道の蛇口の部品を変える作業を行っても水漏れが改善されない合は、水道の蛇口本体に原因があると考えられます。
水道の蛇口の部品でケレップやパッキンが損傷しているケースでは、ハンドル部分を閉めても吐水口から水が漏れる事があります。その場合、カバーナットをレンチなどを使ってはずし、ハンドルを緩めて、水栓を外します。そしてケレップをつまみだして新しいものと変えてあげましょう。
また、水道の蛇口の部品で水栓ハンドル内のパッキン部分が損傷しているケースでは、ハンドルの下部のナットから水漏れを起こす事があります。そういったケースでじゃ、ハンドルの上部のビ図をレンチで取り外してから、ハンドルを上に持ち上げて外します。次にカバーナットを緩めて外し、新しい水洗ハンドル内パッキンをとりつけます。
パッキン部分の水栓サイズは13用および20用の2種類のサイズがありますが、一般の家庭でよく用いられているサイズは13用です。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム