最新情報・レポート

混合栓のパッキン交換

ハンドル混合栓からの水漏れが発生した場合、混合栓のパッキン交換で自分でも修理することが出来る場合があります。
混合栓のパッキン交換の仕方をいくつか紹介しましょう。混合栓のハンドルを閉めても吐水口から水が漏れ出す場合、ケレップが損傷している疑いがあります。まず、ハンドルを取り外して、水洗修理レンチでカバーナットとスピンドルを外していきます。そして、混合栓の水洗パッキン交換またはケレップを新しいものと取り替えましょう。
次に混合栓のハンドル下のナットから水が漏れ出している場合、水洗ハンドル内のパッキンが損傷している疑いがあります。混合栓のハンドルを取り外して、水洗修理レンチでカバーナットを外します。そして、ハンドル内にある混合栓のパッキン交換をすれば完了です。また、クランクナットの部分から水が漏れ出している場合、クランク用パッキンが損傷している疑いがあります。水洗修理レンチでクランクから混合栓の本体部分を取り外して、古いクランク用パッキンを取り外します。そして、新しいクランク用パッキンを取り付けましょう。
このように混合栓のパッキン交換はホームセンターで売っている専用の修理工具と部品があれば自分でも簡単に行うことが出来る場合もあります。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム