最新情報・レポート

蛇口の水漏れ修理方法

蛇口から水漏れが発生した場合、少量でも長時間そのままにしておけば、水道料金の無駄払いになってしまいますので、早めに修理しなければなりません。
蛇口の水漏れ修理方法は、シングルレバー、サーモスタット混合水栓、ハンドル混合水栓などにより多少違ってきます。しかし、どの蛇口の水漏れ修理方法をとるにせよ、真っ先に止水栓を止めに行きましょう。専用の道具と部品があれば自分でもできる蛇口の水漏れ修理方法があります。ホームセンターで安価で手に入る道具や部品ですので、蛇口の水漏れ修理方法がわかっていれば、自分でも直すことができます。
しかし、水漏れ個所がわからなかったり、ウォシュレットや食洗機などの水漏れ等、電化製品は感電したり悪化させてしまう危険性がありますので、業者に修理を依頼しましょう。蛇口の水漏れ修理方法について、ハンドルを閉めても蛇口から水が漏れ出している場合、コマやパッキンが損傷していることが考えられます。コマやパッキンを交換するか、新しいものと取り替えましょう。
次にパイプの付け根から漏れてくる場合は、水栓とパイプをつなぐナットが緩んでいないか調べます。緩んでいれば、水栓修理レンチでしっかり締め直しましょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム