最新情報・レポート

トイレ便器のつまりを自分で直す方法

トイレの便器がつまり、水があふれ出してしまったケースでは、一刻も早く修理しなければ、日常生活に大きな支障をきたしてしまいます。
トイレの便器がつまり、困ってしまうとすぐに業者を呼ばなければと思うでしょう。しかし、トイレの便器のつまりは、自分でも修理することが出来る場合があります。少しでも早く直す必要があるため、トイレの便器のつまりが自分で直せたらこれにこしたことはありません。
トイレの便器のつまりを自分で治す方法を紹介します。まず、最近では100円ショップなどやホームセンターでも扱っているラバーカップや通水カップと呼ばれるトイレの吸引式のカップを用意します。そして、それを排水口に押しつけて、トイレの中のため水がラバーカップの上に来るよう、バケツなどで足し水をします。準備が整ったら、ラバーカップを押したり引いたりしてみましょう。簡単につまりが取れます。
それでも、つまりが改善しない場合は、つまっているものがもっと大きなものかもしれません。その場合は、ワイヤ式のクリーナーを使ってみましょう。ワイヤ式のクリーナーは、手元の操作で先端が伸びていきますので曲がった配管でも簡単に入れることができ、つまっているものを引っかけてとるのに最適です。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム