最新情報・レポート

トイレの水が流れないときは止水栓を確認してみよう

トイレの水が流れない場合、止水栓を確認しましょう。
トイレなどの点検や修理等で、水道工事のために止水栓が止められたままになっているとタンクに水が流れ込まないため、トイレの水が流れないのです。そうでない場合は、トイレタンクのふたを開けてタンク内部を確認してみましょう。レバーからトイレの排水管の蓋をしているゴムフロートにつながっている鎖が錆びていたり、汚れていたり、外れている場合、タンク内に水がたまらずトイレの水が流れない原因となります。
浮き玉も確認してみましょう。トイレタンクの中にある浮き玉は水を流した時、タンク内の水位とともに下がるので、それに合わせて水がタンクの中に再び流れ込み、元の位置までくると給水が止まる仕組みになっています。子の浮き玉が引っかかってうまく作動しないと、タンク内の水が空になりトイレの水が流れない原因になります。
また、浮き玉と排水管をつなぐ位置にあるボールタップから給水されていますが、ゴミなどがつまり正常に作動していないとトイレの水が流れないという結果になります。その場合、ゴミを取り除いて綺麗に清掃したり、劣化している場合は、すみやかに新しいボールタップに交換する必要があります。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム