最新情報・レポート

水栓の水漏れが起こったら

水栓とは給水設備で、開閉操作をおこなうものの総称です。
ハンドルを回して水量の調整を行うもので蛇口なども水栓に含まれます。水栓の水漏れの原因の多くはパッキンが磨耗し、そこから水が漏れてしまうことで起こります。ですので、まず水栓の水漏れ場所をチェックし、どこから水が漏れているかを確認してから作業に移るようにしましょう。レバー部分から水漏れしている場合はレバー部分をドライバーやレンチなどで取り外し、そこにつけられているパッキンを新しいものと交換します。
パッキンはホームセンターなどで取り扱っているので、事前にどういったパッキンが使われているかを確認してから購入するようにしましょう。給水口のパイプの根元から水栓が水漏れしている場合はこの根元の部分のパッキンが磨耗しているので、この箇所のパッキンをとりはずし新しいものと交換するようにします。
パッキンの磨耗ではない水栓の水漏れとして、水栓が壁などから生えている根元の部分からの水漏れが挙げられます。この場合は水栓それ自体をとりはずさなければならず、難しい補修となりますので、こういった場合の水栓の水漏れの補修は水回りの修理業者に依頼するようにしましょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム