最新情報・レポート

水道蛇口のパッキンが磨耗してしまうと…

水道蛇口のパッキンが磨耗してしまうと、その箇所からぽたぽたと水がもれてしまい、水の漏れる音が気になるだけでなく無駄な水道料金がかさんでしまう原因にもなるので早めの修理が必要です。
水道蛇口のパッキンによって起こる水もれは蛇口部分のハンドルの根元からのもの、蛇口部分に付いている根元からのもの、蛇口パイプの根元部分からのものなど原因が考えられます。ハンドルでは根元部分から水のものを起こすケースでは蛇口のハンドルの上部分のビスを取り外し、ハンドル内にある水道の蛇口のパッキンを新品に変えていくことで、ハンドルの根元からの水漏れを防ぐことができます。
蛇口のパイプの根元から水漏れする場合、パイプの根元にある水道蛇口のパッキン部分の磨耗が原因となっています。パイプナットを取り外し、パイプの部分にあるパッキンを新品に変えていきましょう。また、蛇口のついている根元からの水漏れの場合は水栓をとりはずし、配管内を掃除したあと調整パッキンを交換することで蛇口の根元からの水漏れを防ぐことができます。
作業中は止水栓をしめ、水が修理中の蛇口からあふれないように作業しましょう。そして作業が終わったあとは止水栓を開き水漏れが無いかチェックします。このように、水道蛇口のパッキン部分を新品に変えていくことで、快適な水周り環境を維持する事が可能です。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム