最新情報・レポート

パッキンを交換しても水道の水漏れが止まらない時の対処法

ご家庭の水道の故障で一番多いのは、蛇口(水栓)からの水漏れです。
蛇口(水栓)の水漏れは、パッキンの痛みが原因です。ほとんど水道の水漏れはパッキン部分やコマを新品に変えてあげる作業をするだけで直るのです。水道の水漏れがパッキンやコマを交換しても水が止まらない場合は、蛇口(水栓)本体に原因があると思われます。ほとんどがパッキンを新品にけるだけなので、一度水漏れがしている所を確認してみてどういう状態なのかを把握しましょう。自分で水道の水漏れのパッキンを交換し直す事ができるかもしれません。
自分で水道の水漏れでパッキンを新品に変える場合は、止水栓を閉め、水栓のハンドルを開いて水の止まっていることを確認してから作業を始めましょう。水道の水漏れというのは要因としてパッキン部分が緩んでしまっているケースと、水道蛇口の接合している部分から漏れているケースと、さらに蛇口最後まで締めれない状態になってしまい、水道のノズル部分から少しずつ水が出てくるケースと、これらの要因が考えられます。
その原因の種類によっても修理の仕方買うわってきてしまうので、必ずどこが原因なのかを分かるようにしておきましょう。そうする事によって水漏れ修理業者に依頼してもスムーズに修理を行う事ができますので、早く直す事が可能になります。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム