最新情報・レポート

トイレタンクの水漏れの修理方法

トイレで起きる水漏れの中でも頻繁に起きるのが、トイレタンクからの水漏れです。トイレタンクの水漏れの修理は、タンクの外で起きているのか、中で起きているのか、水漏れ個所を確認してから行うようにします。
トイレタンクの水漏れの修理は、まず止水栓を閉め、タンクの水も抜いてから作業をすると水の流れが止まり、作業しやすくなります。トイレタンクの水漏れの修理の場合、ナットを閉めたり、パッキン部分を交換することで解消されることもありますので、交換部品を日用品店で購入し自力で直すことが可能です。また、トイレタンクの内部の水漏れの修理を行うケースでは、タンクの蓋を開けてみて、浮き玉やオーバーフロー管、浮きゴムなどのパーツが正常に機能がされているかどうか確認作業を行っていきます。浮き玉を正しい位置にもどしたり、浮きゴムのゴムを交換したりすることで水漏れが解決できる場合もあります。このように、自分で対処できそうな箇所は確認し、トイレタンクの水漏れの修理を済ませることができますが、困った場合には早急に業者に依頼するようにしましょう。
日常生活の中で1日に何度も使用するトイレにトラブルが起きると、とても困ります。安易な判断をせず、すぐに適切な判断ができるようにしておきましょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム