最新情報・レポート

水漏を見つけた時には

水道を使っていない状態でパイロットが回転している際は、メーターから蛇口までのどこかで水漏れしていますので、まずはどこで起っているのかその原因の確認をしていきましょう。
水漏れを放置しておくと、はじめは少しの水の量に思えても、日ごとにだんだんと増えていき、水の無駄になるばかりか水道代も高額となってしまいす。水漏れには排水や床下配管といった気付きにくい場所での水漏れもあるので、疑わしい場合は早めに点検してもらい必要な場合は早急に修理するようにしましょう。実際に目の前で水漏れを発見すると、水が止まらず水浸しになっていく状況から焦りや不安もでてくるかと思います。
まずは修理を行う前に止水栓を閉め、水を止めることで落ち着いて対処するようにしましょう。水道業者に修理を依頼する場合も、たくさんの業者の中から何を基準に選択をすればよいのか分からず、焦って決めてしまいがちですが、事前に必ず見積りを取り、料金の内訳をしっかりと確認しましょう。
可能であれば複数の業者に見積りを依頼し、料金だけでなくサービスや施工の種類なども比較、検討して焦らず慎重にお願いをする業者を決定しることも大切です。こうすることで、後々問題になることなくスムーズに修理がすすめられるでしょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム