最新情報・レポート

水道管の水漏れの修理

水道は普段の生活において無くてはならないものですが、水道管は築15年~20年で交換しないと赤サビが水に混じったり、水道管が劣化し、それが原因で水漏れを引き起こすなどの問題が多く起ってしまいます。
水道管の水漏れの修理は基本的には業者に依頼をして直してもらい事になるのですが、水漏れを発見したら、水道管の水漏れの修理の前に、水の元栓部分を確認しまずはここを閉めておくと有効です。しかし、すぐに水道管の水漏れの修理を業者に来てもらえないと、元栓を閉めているのでまったく水を使用することができず、生活に大きな支障を来たしてしまいます。水漏れがどの場所で起きているのか分かっている場合は、水道管の水漏れの修理の業者が来るまで、元栓部分を閉めて水を止めた状態で、水漏れしている個所に防水テープを巻いて塞いでおくと被害を最小限にでき、水道管の水漏れの修理の応急処置になるでしょう。しかしこれは、すぐに確認出来るところであれば可能な応急処置であり、気づかないところで水漏れが起っている場合には対処のしようがありません。水漏れはとにかく発見したらすぐに業者に連絡し、できるだけ早く来てもらって直してもらうことが、安心して日常生活にするために大切なことなのです。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム