最新情報・レポート

水漏れの修理の方法

蛇口の水漏れの修理の方法は、コマやパッキンを交換すれば直る場合がほとんどです。 それでも水が止まらない時の水漏れの修理は、ハンドルを交換してみます。
パッキンやハンドルの交換はとても簡単です。素人でも、女性の方でも手軽な水漏れの修理の方法を紹介します。まず、蛇口部分をちゃんと手で支えて、スパナーを使って上の部分を左に回して緩め、ハンドルを全開にしていきます。蛇口上部分は取り外し、そこからコマを出し、新品のコマへと交換します。コマを元通りに差し込みます。そして、蛇口上部分をはめ込みます。もし、これがやりにくい場合は左右に2から3回ほど回すと、はめ込む事ができますのでやってみてください。ハンドル部分をしっかりと閉めてから、スパナーを使って上部をちゃんと締め付けます。これで交換や修理は終了です。
止水栓を左に回して開けて下さい。混合栓の水漏れの修理時は、ポイントをマイナスドライバーまたはキリで外します。ドライバーでビスを外しハンドルを上の方に引き抜き、インサート樹脂も同じように上に引き抜いて下さい。カバーナットを緩めて外します。次に、スピンドルを回しながら上に抜きとります。コマ部分は本体の中に残ってますので、コマツマミまたはピンセット等を使って出していき、新品のコマ・コマパッキングに変えていきます。このように水漏れの修理をします。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム