最新情報・レポート

水漏れの直し方で困っている方は

二ハンドル混合栓または単水栓での水漏れの直し方で困っている方にここではその対処法をご紹介していきます。ベースはバブルの取替えになります。
しかし、水漏れの直し方でバブルの取替えをすれば全ての水漏れが直るという事ではありません。取替えをしなくても直るケースがあります。なので、水漏れの直し方の解説をする前に確認の方法の解説をします。水というのはゴムパッキン部分を強く押さえる事で止めているのです。だからその間にゴムが噛むと水漏れが発生します。水漏れの要因で、ゴミ噛みというのはよくあるのです。ゴミを排除してあげれば、バブルやパッキンなどの取替えをしなくてもいい水漏れの直し方です。
なんでここの部分にゴミが入ってしまったかというと、配管が鉄で出来ている場合は錆びた破片であったり、建設中に配管に入ってしまったホコリやゴミであったり、原因はさまざまあります。付着している事も多いので、確認してゴミがあれば取り除きましょう。掃除しても水漏れが直らない時はバブルの取替えです。水漏れの直し方は、コマのパッキン部分のみ変えようとする人がいますが、パッキンの固定をする役割があるナット部品は接着剤で付けられているので壊れてしまうケースもあります。
上手く出来ても、緩んだことが原因でナットが外れるなんて事もありますので、コマごとの取り付けをおすすめします。直接メーカーなどで同じ品番の商品を注文するか、日用品店などで購入します。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム