最新情報・レポート

水道の水漏れ修理方法

シングルレバー混合栓の水道の水漏れ修理は、セラミックバルブでの交換作業となります。
水漏れの要因として考えられるのは、鉄錆部分の付着、またはパッキン部分が劣化する、セラミックでのゴミ噛み等となります。どれが要因であったとしても解決方法としてはバブル交換を行うしかありません。水道の水漏れ修理は簡単で誰でも出来ます。ナット部分の締め付け作業を怠らなければ、成功しなくても大漏水になることはありません。水道の水漏れ修理の工具等を買い揃える時には、モンキーという口径が大きいものと、止水栓を閉める際に使用するマイナスドライバー、そしてハンドルを外す際に使用するプラスドライバー、それが無ければ六角レンチ、その他に細かい部分での作業が出来る精密ドライバーが揃えば大丈夫です。水道の水漏れ修理をするための、バルブ部分の入手方法ですが、まずバルブの品番を調べます。この品番が確認できれば二日用品店などで安価で購入することができますので、まずはメーカーなどに問合せをしてみましょう。
シングルレバー混合栓の水道の水漏れ修理で注意点は、十年以上使っている場合、バルブ交換を行っても直らないことがよくあります。十年経過しても使用しているケースでは、買い替えも視野に入れましょう。またメーカーに直接修理依頼をすれば、間違いなく直りますので、バルブ交換をして直らなかった為に買ったバルブが無駄になる事もありません。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム