最新情報・レポート

止水栓の交換について

基本的に十三mmでストレート止水栓か一般的なアングル止水栓の2種類となります。水栓金具との相性等は特にありません。
一般的なアングル止水栓の交換方法を紹介します。水漏れがパッキンだけの問題であれば、パッキンは共通なので、日用品店などで購入して自分で取り替える事ができますが、止水栓箇所に損傷等があるケースでは、止水栓の交換になります。止水栓の交換の時は、日用品店にもあるシールテープやモンキースパナの用意が必要です。モンキースパナは最低でも2つは必要になると思うので2つ準備をして下さい。100円均一に売っている場合があります。止水栓を交換する時は、元栓をしっかりと閉めてあげてから止水栓部分にスパナを使って回していき、止水栓を外していきます。先に止水栓部分から蛇口部分に向っている管を外していき、配管にあるシールテープに付いているクズを取ってあげ、シールテープをキレイに配管のネジの部分へと巻いていき、止水栓もねじ込んできます。最後に、蛇口への管を接続します。このようにして止水栓の交換をします。
自分での交換に自信がない場合は、ヘタにいじることで元々の水漏れ状態よりも水漏れが悪化してしまう場合があるので、業者にお願いをするのが確実にいいと思います。洗面台や台所なども止水栓については、同じ物を使用していると思われます。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム