最新情報・レポート

混合水栓を交換する方法

配水管というのは取り付けてあるその位置によってもさまざまな種類に分けられ、台付きタイプ・壁付きタイプ台付きワンホールタイプの3種類があります。それぞれ取り付け方が異なります。混合水栓の交換の方法を説明します。使用する道具は、水栓スパナ、シールテープなどがあります。
止水栓はちゃんと閉めたのを確認してから作業を行っていかないと、水が吹き出してしまい大変な事になってしまいます。止水栓ボックスの蓋を開けて、止水栓を閉めていきます。止水栓が見当たらない場合は、水道局やメーカーに問い合わせてみましょう。そしてナットを外して本体を外します。偏心管を外して配管を掃除します。ここで混合水栓の交換の方法のポイントは、配管の中にシールテープのくずやゴミなどが残留していると、水もれの要因にもなりますのでしっかりと点検をしましょう。配管の掃除はしっかりと行うといいです。次に、シールテープを巻きますが、さらに、混合水栓の交換の方法のポイントは、古いシールテープを取除いてから、新品のシールテープを右回りに六 から七 回程度少し引張りながら巻く事がポイントです。そして、偏心管を取付けますが、ここでも混合水栓の交換の方法のポイントがあります。無茶をして締めすぎてしまうと配管を傷めてしまうので、シールテープの量で調節する事がポイントとなります。
最後に、本体を取付け、ナットを締めれば終わりです。これが、混合水栓の交換の方法です。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム