最新情報・レポート

水道の水漏れの直し方

水道の水漏れの直し方については、まず、道具を用意します。ウォーターポンププライヤー、モンキーレンチ、カランプライヤー、コンビネーションプライヤーです。作業の前に止水栓を止めてから作業を開始します。
止水栓がどこにあるかというと、だいたいの場合が水道メーター付近に設置しています。どの場合も右に回すと蛇口が閉まり水は止まりますし、逆に左に回していくと蛇口が開き水が出てきます。ハンドル下部からの水道の水漏れの直し方は、カラービスというものを回していき外し、ハンドルを上へと抜いていきます。そこでハンドルがどうしても抜けないケースでは木ヅチを使って下から少し叩いてあげると簡単に抜けます。蛇口からの水道の水漏れの直し方は、パッキング押さえを回して外し、パッキング押さえが緩んだらネジ部分を外し、ハンドルを緩め、スピンドルごと上部を外します。スピンドルに新品のコマパッキングを使って差し込んでいき、本体にはめ込みでいきます。そしてハンドルを締めて最後に工具で締めます。この際の注意点としてパッキングというのは押さえる際に強く締め過ぎてしまうとハンドルが今度は重くなってしまうので強く締めすぎないようにしましょう。
ほとんどの水道の水漏れ原因というのはパッキング類が磨耗してしまう事です。水道の水漏れの直し方は、場所や水漏れの現状が軽い時は自分で、女性でも簡単に修理する事が可能ですが、水道の水漏れの直し方を間違えたり、無理に行い悪化する時もあるので注意しましょう。

水漏れに関するご相談、お問い合わせはこちら

ご質問、現地調査だけのご依頼も歓迎いたします。 0120-923-426

メールでのご相談はこちら お問い合わせフォーム